申請から完了までの流れ

令和4年度(2022年度)の申請書類は準備中です。

事前準備
1.活動目的の確認(環境保全、資源利用、森林機能強化、関係人口創出・維持等の活動)
2.活動場所の確保(施業計画樹立していない森林0.1ha以上)
3.活動メンバー集め(地元住民3人以上で)
活動団体設立
1.規約の取り決め
 (8号様式)活動組織規約(例)記載例
2.事務局設置(活動市町村内で)
※ 採択決定前に活動を開始しようとする団体は、事前の届け出が必要です。
15号様式)採択決定前着手届
活動地の確定
1.活動地の協定書締結
 (9号様式)協定書(例)記載例
2.活動地の面積算定(施業図から)
活動交付金申請
1.活動計画書作成
 (10号様式)活動計画書記載例)(計画図例
①活動推進費(112,500円/年)
  地域環境保全
②里山林保全
  (最大 120,000円/ha)
③竹林整備
  (最大 285,000円/ha)
④森林資源利用(最大 120,000円/ha)
⑤森林機能強化(800円/m)
⑥関係人口創出・維持(50,000円/年)
⑦資機材・施設の整備等(経費の1/2以内)  林内作業車・薪割り機・薪ストーブ・炭焼き小屋(経費の1/3以内)
⑥の活動で使用する移動式の簡易トイレ(賃借料の1/3以内)

2.採択申請((11号様式)交付金採択申請書記載例))
交付金の請求
木の国協議会からの採択通知を受けて請求(別記様式第1号


活動
1.計画書に基づいた活動
2.活動記録
 (1)活動内容・人数など((16号様式)交付金活動記録
 (2)活動写真(別添1 作業写真整理帳
 (3)支出記録((17号様式)交付金金銭出納簿
 (4)目標結果((18号様式)モニタリング調査結果報告
※ 次の場合はあらかじめ変更申請の必要があります((14号様式)交付金変更申請書記載例))
(1)対象森林面積の変更
(2)活動回数に応じた単価が設定されている活動内容については、活動回数
(3)資機材・施設の整備については内容の変更(交付金の減額や数量減は除く)
(4)活動の中止又は廃止
(5)交付金総額の30%を超える減額
活動実施報告
1.活動内容を取りまとめて木の国協議会に報告
(19号様式)交付金実施状況報告書(19号様式 別紙1) 交付金実施状況整理票(19号様式 別紙2) 森林・山村多面的機能発揮に対する効果チェックシート
2.活動経費が余った場合は、精算されます

<<4年度の報告書について>>
  活動を2月末までとし、提出の締め切りは(令和5年)3月7日(火)となります